ハンカチーフ3

2022年 フォーラムの開催予定

伊藤誠オンライン連続講座

 第4回 2022年5月28日(土)

  伊藤誠「サブ・プライム恐慌と金融化資本主義」

●主催 世界資本主義フォーラム

●期日 2022年5月28日(土)13時30分~16時30分

●開催方式:オンライン

●講師 伊藤誠(東京大学名誉教授)

●テーマ サブ・プライム恐慌と金融化資本主義 

現代の金融化資本主義とそこに生じたサブプライム世界恐慌をどのように理解すべきか。ギリシャ出身のマルクス学派のロンドン大学教授コスタス・ラパヴィツァスとリーズ大学教授でポスト・ケインズ派のG・ディムスキーとの研究上の協力を回顧しつつ、この課題に接近する枠組みを再考する。とくに労働力の商品化に資本主義の矛盾の根源があることを重視した宇野恐慌論の現代資本主義分析への適用を重視して、労働力の金融化による資本主義の現代的矛盾の深化に検討をすすめてみよう。

●参考資料 発表資料は、参加申込者に、事前にメールで送ります。

      伊藤誠『サブプライムから世界恐慌へ』(青土社、2009)
  伊藤誠『幻滅の資本主義』(2006、大月書店)

 

●参加方法 どなたも参加できます

(1)前日までに、yazawa@msg.biglobe.ne.jpまで、

・氏名[所属・立場など]をお知らせください。

事前に資料配付します。早めに申し込みください。

(2)1週間前までに、ZOOM接続情報を送信します。当日朝「リマインダー」(再送信)します。

  ※参加申し込みをしたのに、当日朝9時になってもZOOM接続情報が来ない方は、遅くとも当日正午までに、矢沢までご連絡ください。

(3)参加費 500円[あと払い]、支払い方法は、世界資本主義フォーラムのサイトをご覧ください。 https://www.worldcapital.online/

 

■連続講座「『資本論』と現代世界」(全6回)の予定

*時間はいずれも 午後1時30分~4時30分

第1回(2021年11月27日(土))「1968革命」とマルクス・ルネッサンス 実施済

第2回(2022年1月15日(土)) 現代資本主義の危機と恐慌論

第3回(2022年3月26日(土)) ソ連・東欧体制の崩壊と社会主義論

第4回(2022年5月28日(土)) サブ・プライム恐慌と金融化資本主義

第5回(2022年7月23日(土)) 新自由主義と新古典派経済学

第6回(2022年9月24日(土)) 自然環境問題とマルクス理論

ハンカチーフ4
ハンカチーフ7
ハンカチーフ6
ハンカチーフ2
カットイラスト1.jpg

■■2021年9月11日(土) 午後1時30分~3時 オンライン・フォーラム■■

天児慧「中国対外政策の歴史的変遷--毛沢東時代・鄧小兵時代・習近平時代」(仮の題)

■■2021年9月25日(土) 午後1時30分~4時30分 オンライン・フォーラム■■

河村哲二「アメリカ資本主義の現状とバイデン政権の経済政策」

■■2021年10月9日(土) 午後1時30分~4時30分 オンライン・フォーラム■■

 ●講師 下斗米伸夫(法政大学名誉教授、神奈川大学特別招聘教授)
 ●「米中対立激化とプーチン・ロシアの世界戦略」(仮の題)
   参考:下斗米伸夫著『新危機の20年-プーチン政治史』(朝日選書2020.10)